亀田和毅の対戦相手マイク・タワッチャイの成績や日程はいつ?大毅とも対戦!結果は?

亀田3兄弟の三男の亀田和毅(かめだ ともき)(25歳)がノンタイトルの試合を行うことが決定したみたいです。

和毅はWBO世界バンタム級の元王者です。

和毅が国内で試合を行うのは2013年12月以来で、実に3年3ヶ月ぶりとなります。

和毅と言えば3兄弟で一番下で、高校生とかのイメージでしたがもう25歳なんですね!

一時期は亀田兄弟が次から次に試合をしているイメージがありましたが、気づけば亀田兄弟を見るのはテレビのバラエティ番組だけになっていました。

そんな和毅の対戦相手マイク・タワッチャイの成績や、試合の日程などについて調べてきました。

亀田和毅のプロフィール、成績

まず和毅のプロフィールや成績について紹介します。

プロフィール

バキに出てきそうな顔と体してますね 笑

本名:亀田和毅(かめだ ともき)※かずきではありませんよ 笑

生年月日:1991年7月12日(現在25歳)

出身:大阪府大阪市西成区天下茶屋

身長:171cm

階級:スーパーバンタム級

構え:右

2013年、第20代WBO世界バンタム級王者になりました。

日本人選手として初のWBO世界王者で、和毅が王者になったことで亀田3兄弟が全員世界王者となり、ギネス世界記録に認定されました。

和毅は昔から長男の興毅と次男の大毅から「一番才能が有る」と言われていたそうです。

お兄ちゃんたちの影響を受けて小さい時からトレーニングしてたんでしょうね!

4歳の時、人気番組「はじめてのおつかい」に出演したそうです。

そのときはオンエアされませんでしたが、2014年に放送されました。

成績

試合総数:34試合

勝ち:32(内KO勝ち:20)

負け:2

負けの2試合はどちらも判定負けです。

対戦相手や試合の日程は?ノンタイトルの試合?

対戦相手や試合の日程を紹介する前に今回の試合はノンタイトルの試合みたいですが、筆者は全然知識がないので「ノンタイトルの試合ってどういうこと?」と疑問に気になったので調べました。

ノンタイトルの試合とはそのままの意味でタイトルが懸からない試合のことで、もし挑戦者が勝利してもタイトルは移動しないみたいです。しかし、勝った場合その後タイトルマッチも申し込んだりするそうです。タイトル戦を申し込むための挑戦権を得る戦いのようなものみたいです。

試合日程は2017年の3月10日。

場所は後楽園ホールです。

対戦相手のマイク・タワッチャイの成績、大毅とも試合!

さて気になる対戦相手ですが、IBF世界スーパーバンタム級8位マイク・タワッチャイ(31)というタイの選手のようです。

ウィキペディアなどには載っていない選手なのであまり詳しい情報はまだありませんでした。

これまでの成績は

42勝(内KO勝ち25)、9敗、1引き分け。

そして、なんと2012に次男の亀田大毅と試合をしていました。

この時マイク・タワッチャイはタイ国のバンタム級2位で、25戦無敗だったようです。

試合結果は判定勝ちで大毅選手の勝利でした。

スコアはジャッジ3人共に100-89と大差での勝利でした。

マイク・タワッチャイは25連勝がストップし、初の敗北になりました。

そして2015年には和氣慎吾とも試合をしています。

その時のマイク・タワッチャイ3年間負けなし、9連勝中、世界ランク3位でした。

和氣慎吾は世界ランク6位でしたが、試合は判定で和氣慎吾が勝利しています。

ちなみにマイク・タワッチャイは「和希は亀田より強い」とコメントしたそうです。

2016年にはインドネシアのパウルス・バランサノという選手とノンタイトル試合を行っています。この試合はマイク・タワッチャイが2RTKO勝利しました。

現在分かっている情報は以上です。

これだけ見るとあまり強い選手のようには思えませんね。

まとめ

今回は亀田和毅の対戦相手マイク・タワッチャイについて紹介しました。

試合日程は2017年の3月10日。場所は後楽園ホール。

そして2012年、次男の大毅とも対戦し、敗北していることが分かりました。

マイク・タワッチャイからしたら亀田3兄弟へのリベンジ戦ですね!

また大毅とも対戦して欲しいです。

筆者はまだ和毅の試合を見たことがないので今回の試合は見てみようと思います。

放送が楽しみです!

和毅には判定とかじゃなくてKOで勝って欲しいですね!

ミーハーなので派手な試合が見たいです 笑

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています