窃盗団「ピンクパンダ」のメンバーの名前や顔写真、方法は?劣化版ルパン三世と話題に!

中国人の窃盗集団、その名も「ピンクパンダ」

メンバーは全員で3人。その「ピンクパンダ」の3人が逮捕される事件が起きました。

劣化版ルパン三世ということで話題を集めています。

今回はそんな事件の概要やメンバーの名前、顔写真、紹介していきたいと思います。

ピンクパンダによる窃盗事件の概要

それでは今回の事件の概要を紹介していきます。

事件は2015年の1月に東京ビッグサイトで開かれた「国際宝飾展」で起きました。

この国際宝飾展とは宝石商やバイヤー向けの宝石の展示会です。

約1200社が出展するというかなり大規模な展示会です。

これに目をつけた窃盗団「ピンクパンダ」はそこに出展されていた約280万円の指輪を盗みました。

その後3人は国外に逃亡、捕まえることは難しいとされていました。

しかし、今年の1月23日に再び東京ビックサイトで開催された「国際宝飾展」に再び姿を現しました。

そして張り込んでいた捜査員が見事「ピンクパンダ」を確保、逮捕しました。

3人は容疑を否認し、「悪いことはしていない」とコメントしています。

メンバーの名前は?

今回の窃盗事件で逮捕された「ピンクパンダ」の3人のメンバーの名前は以下のとおりです。

3人とも国籍は中国です。

・陽満湾容疑者(47歳)

・陽快開容疑者(37歳)

・李芳容疑者(30歳)

陽容疑者の顔写真がこちらです。

他の2名の顔写真はまだ公開されていません。

過去にもメンバーが逮捕されていた

この「ピンクパンダ」と呼ばれる窃盗集団は2015年の8月にもメンバーが逮捕されています。

その時は東京・銀座の貴金属店から販売価格2168万ダイヤモンドの指輪を盗みました。

逮捕されたメンバーは

張良成(40)
黄文徳(44)
の2名。いずれも中国国籍です。

窃盗の方法は?

気になるのはどうやってバレずに宝石などを盗んだのか、ということです。

宝石の展示会ということでセキュリティもかなり頑丈なはずです。

調べてみましたが、窃盗方法は明かされていませんでした。

まぁそれを公開しちゃうと真似する輩が現れてしまう可能性があるからですかね。

しかし、宝石を盗むんで捕まるってほんとに劣化版ルパン三世ですね 笑

ピンクパンダについて

窃盗団「ピンクパンダ」について現在分かっている情報がこちらです。

組織名 ピンクパンダ
メンバー数

不明

拠点 欧州
メンバーの国籍 中国
活動場所 日本、フランス、ヨーロッパなど
盗むもの 指輪、宝石が中心

この「ピンクパンダ」という名前はフランス捜査当局が名づけたものです。
「ピンクパンサー」と呼ばれる国際的な窃盗手段の名前をもじって「ピンクパンダ」と名付けられたそうです。

中国だからパンダなんですかね?笑

ちなみにこの「ピンクパンサー」はウィキペディアに載るほどの超有名で大規模な窃盗手段です。まさにリアルルパン三世ですね。

ネットでの感想

それではネットでの感想を紹介します。

・犯罪を犯す外国人は該当国に引き取らせろ、該当国に謝罪と賠償を求めろ!!
で二度と入国させるな!!

・パンダwwwwww

・なぜ入国できた

・ピンクパンサーじゃねーのかwwwww

・再入国できるんだから日本は窃盗天国

やはりパンダという名前がかなりいじられていました 笑

まとめ

今回は国際窃盗団「ピンクパンダ」が起こした事件の概要やメンバーの名前、顔写真などを紹介しました。

窃盗方法については明かされていません。

今回逮捕されたのは3人で全員中国国籍でした。

2015年にも日本で窃盗事件を起こしていました。

「ピンクパンサー」という大規模窃盗集団の劣化版ということも判明しました。

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています