ドキュメンタルシーズン3の優勝者は誰?「山本おもしろくない」「岩橋いらない」「木下せこい」

※この記事はネタバレを含みます。

アマゾンプライムの会員限定で見ることのできるダウンタウンの松本人志さん企画の「ドキュメンタルシリーズ」

今回はシーズン3となっています。

シーズン1は波乱の優勝者なし。

シーズン2ではバイキングの小峠さんが見事に優勝に輝きました。

シーズン3の参加メンバーはこちら。

ケンドーコバヤシ
フットボールアワー 後藤輝基
ロバート秋山竜次
TKO 木下隆行
オードリー春日俊彰
野性爆弾くっきー
レイザーラモンRG
サンドウィッチマン伊達みきお
プラス・マイナス 岩橋良昌
極楽とんぼ山本圭壱

となっています。

さて、今回の優勝者は一体誰なのか?

ドキュメンタル3の優勝者は誰?

さっそくですが、優勝者を発表します。

まず最後に残ったのは極楽とんぼの山本さんと、TKOの木下さんです。

二人とも最後まで笑わずにタイムアップ。

この場合他者を笑かした回数の多かった方が優勝となるルールが。

その結果、優勝に輝いたのは山本さんです。

しかし、シーズン1からすべて見てきた僕の個人的な感想ですが、最後の2人の盛下がり方は半端なかったです。

1番おもしろくない2人が残ってしまった感じです。正直最後が一番おもしろくなかったです。

そしてポイントにより優勝した山本さんも笑わせた回数は1回だけ。

しかもそれは自ら笑わせにいったのではなく、ハプニング的な感じでロバートの秋山さんが笑ってしまったというもの。

木下さんにいたっては誰も笑わせていない。

ポイント:1対0 のまさに泥仕合でした。

個人的には野性爆弾・くうちゃんのゾンビタイム(今回から出来た新ルール)の時のキャラがやばかったです。笑 くうちゃんワールド全開でした。

しかしそれを全く直視しない木下さんの逃げの姿勢がとても嫌いでした。

ボケてる人の方を見ずに逃げまくってガチで優勝を狙ってる感じが見てて本当腹立ちました。

あと極楽とんぼの山本さんはシンプルにおもしろくなかったです。やはりテレビの世界から離れるとここまでおもしろくなくなるんだと痛感させられました。ここまで笑いのレベルが落ちてるとテレビ復帰は難しそうですね。少し楽しみにしていただけにがっかりでした。

繰り返しになりますが、この2人が最後に残った時のがっかり感はやばかったです。

同じ気持ちを持った視聴者の方も多いと思います。

カスタマーレビューでも同じような声が多かったので紹介します。

またプラスマイナスの岩橋がいらない、おもしろくないという意見もかなりありました。

「山本おもしろくない」「木下せこい」「笑わせる気ない」

匿名
最後まで残った芸人2人が残念で仕方ありません。せっかくゾンビタイムがあれだけ面白いのにツッコミ一つ入れずただただ傍観してるだけ…耐えるだけで相手を笑わせて優勝しようという気が全くありません=つまらない。
システムや企画が悪いのではなく、残った芸人がつまらないからつまらないだけだと思います。
そういうのを察して早々に脱落していれば良かったのに、特に優勝した芸人?は最後まで残っちゃって、しかもネタも無く人任せで本当に残念な芸人?だなと思ってしまいました。
匿名

ゾンビシステムいいと思いますが、最終盤でその時間を取りすぎて、前回のような、残った二人の極限バトルにならないまま終っちゃったのはちょっと拍子抜けでした。
ゾンビタイムはタイミング、チャンスを固定して、最後はやはり直接対決で決めてもらいたいなあと感じました。
匿名
今回は岩橋が全く面白くないですね、邪魔でしかないし完全にキャスティングミスだと思います。
匿名
シーズン1から全て観てきましたが現時点でシーズン3が一番面白い。

春日が注目されているが、誰かが笑わせにくると大抵の人はスルーだったり静観するがフット後藤さんだけはすべて拾いにいってる。

プロレスでいうすべての技を受けにいくスタイルでたいへん好感をもてた。
場を回すじゃないがさすが進行させるのがうまいと思った

匿名
シーズン3は終盤に向かうほど面白くなっていきました
最終話は素晴らしかったです

ただ、ただ!!!
それはあくまでゾンビシステムのおかげであり

優勝争いをするのが
終始ビックリ顔で何も笑いを生まなかった男と
終始死んだ顔でそっぽを向いて何も笑いを生まなかった男です

その2人がタイムアップになって「やりきった顔」をします
意味がわかりません

こんな低レベルな2人が争うならいっそ優勝者なしにしてほしかったです

匿名
結局山本さんは最後まで一つもおもしろいことしませんでしたね。
優勝が決まった瞬間のゾンビルームで後藤さんが「マジで!?」と言ってるように見えます。
視聴者以上に出演者の方がスッキリしない結果でしょうね。
ゾンビルールはゾンビがでてきている間残ってるメンバーはただ笑いに耐えるという時間になってしまっています。
この企画当初の「一番面白い奴を決める」という理念からはかなり離れてしまっていることに松本さんはどう思っているのでしょう。
シーズン1が始まってから誰かが「一番面白い奴ではなく一番つまらない奴が残るんじゃないか」というレビューをしていました。
今回はその不安がもろに的中したという印象です。
匿名
ゾンビタイムなければ最後の二人だけでは見るに耐えなかったと思う。笑わないだけで残るのはつまらない人ばかり。
とりあえず笑いの取り方は賛否あるけど春日が思ってたのと数倍面白かった。
頼むからくっきーは笑いを耐えてくれーー
匿名
全シーズンで一番納得のいかない結末。
まず最後に残った2人がひどい。だらだらだらだら、笑わせようと躍起になるでもなく、焦るでもなく。
なんの準備もしてないのか、にらめっこして、あげく普通に雑談。
ゾンビシステムがなかったら放送事故ものだと思う。
笑わせようとする積極性すらないなら、最初から出場しないでほしい。
受け身でゾンビのやることをただ笑わず耐えただけ。そのくせ終わったらやり遂げたような顔してるのがもう…
シーズン2の優勝者には納得したし拍手も送れるものだが、今回はそういかない。
100万円をあんな優勝者にあげることになってしまった残り8名に同情する。
匿名
プラスマイナス岩橋は明らかに実力で劣る。
前に出る姿勢は芸人だが見るにキツかった。
匿名
卑怯な木下が残って残念
山本と木下のどちらが勝っても残念な結果でしょう
笑いを耐えるのと笑わせるのとでは違うのでは?
結果、木下の様な卑怯な奴が残るのは
松本の企画クソなのと
判定基準が曖昧過ぎてクソ作品です
見る価値なし

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています



コメント

  1. 匿名 より:

    やっぱり関わってないと普通の人になるんだねぇ‥
    山本は優勝を辞退すればまだ許されたと思うけどなぁ

    常に磨いてる芸人はスゴいわ〜!

  2. 匿名 より:

    最後一人に残ってなおかつ3ポイント以上取ってないとノーカンとかじゃないと、
    笑わせない&笑わない人が残るだけで、納得しにくい結果になると思います。
    と言うか、今回山本が参戦したのは意外とかじゃなくて、彼を面白いと思った事がありません。他の芸人がどんな思いで参戦してるかと思うとむかつきますし、芸人全員が絡みづらそうで可哀想でした。結果、主旨からかけ離れてただの我慢大会でしたね。。。これでは気を遣って優勝させてあげたと言われてもしかたないです。
    まぁ、番組としては探り探りの状態だから今回はしょうがないかーで終わってそうですけどね。そんなので100万消えてる方はたまんないけど。。。

  3. 匿名 より:

    全く同じ意見です 

  4. むむ より:

    結局最後に面白くない人が残るのは最初から変わらずか…ってかんじですね。
    笑わないのは人とツボが違ってて、結局はその人は笑わせることもできてない。
    完全ポイント制(笑わせたらプラス、笑ったらマイナスとか)か、開始何時間までに笑わせたポイントがない人が脱落とかにならないかな。
    毎度毎度時間経つにつれてつまらなくなるのは残念。

  5. 匿名 より:

    ノーポイントでは優勝できないをルールに組み込むべき
    少数になるほど笑わせにくくなるからみな仕掛け早くなるように思えるし
    静観や耐久という不動状態も減らせる