近鉄南大阪線古市-駒ケ谷間の人身事故。原因は80歳の女性が線路内をハイハイ?

近鉄南大阪線古市-駒ケ谷間で起きた人身事故ですが、80代と見られる女性が線路内を四つん這いになって入ってきたのが原因だということが明らかになりました。

 2日午後1時5分ごろ、大阪府羽曳野市南古市の近鉄南大阪線古市-駒ケ谷間で、線路内に高齢女性が立ち入り、吉野発大阪阿部野橋行き特急電車(4両編成)にはねられた。女性は80代くらいで、頭を強く打ち意識不明の重体。大阪府警羽曳野署が身元の確認を急ぐとともに事故原因を調べている。

 同署によると、運転士は「女性が四つんばいになって線路に入ってきた」と話しているという。

 近鉄によると、この事故で上下計26本が運休し、約3千人に影響した。

引用:ヤフーニュース

運転手もびっくりしたでしょうね。

トラウマにならなければいいですが・・・

当時の様子がこちら。

当時の様子

その他の意見

匿名
バーさん入れ歯でも落としたんか?
匿名
線路に大の字で寝そべってるより、運転士のトラウマレベルは高いよな…(ll゚艸゚ll)
匿名
都会は鉄道人身事故が多いね。毎日のようにある。
匿名
至る所で地獄絵図、日本。
匿名

急に何かが乗り移ったか∑( ゚Д゚)

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています