ロマゴンの敗因は?シーサケットの強さは本物「ロマゴンの時代が終わった」

9月9日(アメリカ時間)に行われた【ボクシング】ローマン・ゴンサレス対シーサケット・ソールンビサイの試合。

この2人は今年3月にも対戦しており、その時は46戦全勝で4階級制覇していたロマゴンをシーサケッが判定勝ちで勝利するという波乱の展開に。

しかしこの判定には対し数々の議論が起こり、今回の再戦が行われた。

大注目された今回の試合ですが、ロマゴンが4RK.O負けという衝撃の展開となった。

マット上に大の字に倒れるその姿はボクシングファンの脳裏に焼き付いたことでしょう。

こちらがその写真です。

今回のロマゴンの敗北に”ロマゴンの時代が終わった”ボクシングファンからはこのような声が。

では今回のロマゴンの敗因やネットの意見がこちら。

ロマゴンの敗因は?

ロマゴンの敗因についてのネットの意見がこちら。

今回のロマゴンの試合についての意見がこちら。

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています