ポテサラO157で女児死亡。経路や原因、食材、感染源は?群馬県前橋市

9月13日15時、ポテサラO157に感染した3歳の女児が命を落としたことが市から発表されました。

ポテサラO157で、初の死者が出てしまいました。

身近に食べるポテトサラダが原因での死亡事例が出たのは怖いですね。

※ポテサラO157という名前ですが、ボテトサラダが原因だと決定したわけではありません。

経路や原因、食材、感染源について現在発表されている情報をまとめました。

ポテサラO157で女児死亡。経路や原因、食材、感染源は?

現在、0157に感染されたとされている食材は「でりしゃす」系列店で販売されていたポテトサラダや炒め物などの惣菜です。

埼玉県、群馬県にある総菜店「でりしゃす」系列店で購入したポテトサラダや炒め物などの惣菜を食べた方が0157に集団感染しました。

群馬県前橋市では対象物(ポテトサラダ、炒め物などの惣菜)を食べたのが40人。

そのうち11人が発症。そしてそのうち4人が入院。そのうち1人が今回命を落としてしまいました。

上記の食材で決定したわけではなく、原因はまだ調査中とのことです。

感染源やなぜポテトサラダにO157が混入したのか、その経路などはまだ一切分かっていません。

【まとめ】

O157が混入したとされる食材:ポテトサラダや炒め物の惣菜(「でりしゃす」で販売されていたもの)

経路、原因、感染源:不明。

 世間の声

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています