北朝鮮ミサイル発射の狙いは?戦争?北海道を通過し太平洋上に着水

9月15日06:57頃、北朝鮮西岸から弾道ミサイルが発射されました。

ミサイルは日本領域の上空を通過し、07:16頃に襟裳岬の東約2000kmの太平洋上に着水しました。

韓国軍の発表によると飛距離は約3700km、最大高度は770kmとのこと。

発射の狙いはアメリカに対し、グアムまで届くミサイルを開発したぞ、という威嚇の意味、国連安保理の制裁決議への反発の意志表明が強いそうです。

また日本に打ってきた理由はアメリカには打てないので、何もしてこない日本に向けて打っている、という意見が多いです。

毎回日本に向けて打っていますが、狙いはあくまでアメリカだそうです。

とうとう北朝鮮がまたミサイルを発射してきましたね。戦争が本当に始まってしまいそうで怖いです。

現在特に被害はなく、Jアラートも正常に作動したとのこと。

北朝鮮ミサイル発射の狙いは?戦争?北海道を通過し太平洋上に着水

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています