hulu続編商法は秋元康の作戦だった?「AKBと同じ」「汚い ずるい」

9月17日に放送された日曜ドラマ「愛してたって秘密はある」の最終回。

ドラマは最終回で完結するのが普通。演出上、意味深な終わり方をするドラマなどもありますが、基本最終回は最終回です。(当たり前のこと言ってますね 笑)

しかし今回そんな今までのセオリーをひっくり返す事件が。

それが「愛してたって秘密はある」の”最終回完結編”というものがhulu限定で配信されるという事件。

何が悪質なのか、それはhuluが有料動画配信サイトであるということ。

これには視聴者からも「huluに登録させるための壮大な前フリ」などの批判が。

そしてこの”hulu続編商法”実はある人物の作戦だったそうです。

それが秋元康さんです。秋元康さんと言えばAKB商法と言われる”CDを買えば特典で握手ができる”という新しい方法でCDを売るのが難しい時代に爆発的にCDの売り上げを伸ばしました。

そんな斬新な方法を思いつく秋元康さんが今回のドラマにも絡んでいるので、最終回の続編をhuluのみで配信するというやり方も納得できます。

※今回のこの手法を考えたのが秋元康さんで確定しているわけではありません。

などネットではこの手法に怒りの声が・・・

hulu続編商法は秋元康の作戦だった?「AKBと同じ」「汚い ずるい」

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています



コメント

  1. みほ より:

    地上波でしか見れない人もいるのに予告を見て面白そう見たい!と思った人に対して日テレさんはひどい事しますね
    最近テレビが娯楽じゃなくお金儲けしてるなって感じます。寂しい時代になったなって感じです
    これだけの批判があるのですから今回は、いつか地上波で放送すべきだと思います