【刑事ゆがみ】1話あらすじと感想「杉咲花 可愛い」「神木きゅん」

10月12日 スタートの深夜ドラマ「刑事ゆがみ」(毎週木曜日 10:00~)神木隆之介のドラマに杉咲花が共演。1話から悲しすぎるけど、主演コンビはすごく良いし、杉咲花はやっぱり圧倒的だった。 視聴率が期待される。

あらすじと視聴者の感想がこちら。

【刑事ゆがみ】1話あらすじ
弓神適当(浅野忠信)は、うきよ署強行犯係の刑事。適当でだらしなく、人と一緒に行動することを嫌う変わり者。だが、事件の捜査になると、常識やレッテルに惑わされず、ただひたすらに真実を追い求める男だった。そんな弓神とバディを組むのは、上昇志向と正義感が強い若手刑事の羽生虎夫(神木隆之介)。早く出世したいと考える羽生にとって、違法捜査もお構いなしの弓神はやっかいな存在だ。弓神とは同期でもある強行犯係・係長の菅能理香(稲森いずみ)も自分勝手な弓神には手を焼いていた。
ある日、女子大生の押田マイ(小倉優香)が、歩道橋下で仰向けに死んでいるのが発見される。死亡推定時刻は深夜1時。マイは酒を飲んで帰宅途中に、誤って階段から転落した可能性が高かった。が、死体を見て何かを感じた弓神は、羽生を巻き込んで勝手に捜査を始めてしまう。弓神は、ハッカーの“ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)からも情報を得て、事件当日、マイと一緒に飲んでいた友人・倉間藍子(大後寿々花)に会いに行く。すると藍子は、1週間ほど前にマイが電車内で痴漢した男を捕まえたこと、男から現金を受け取り警察には届けなかったこと、その夜から嫌がらせを受け始めたことを打ち明ける。弓神たちは、痴漢騒動があったうきよ台駅を訪れ、当日勤務していた駅員・坂木望(杉咲花)から話を聞く。望とは中学時代の同級生だった羽生は、思わぬ再会に心が躍る。やがて、弓神と羽生は望の協力を得て、痴漢疑惑の男・沢谷勝己(岡田義徳)を発見するが・・・。(引用 フジテレビ公式HP)

【刑事ゆがみ】1話あらすじと感想「杉咲花 可愛い」「神木きゅん」

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています