吉川竜次の顔画像やFacebook特定?ハイビームの車を煽り運転手の顔殴る「イキってたヤンキー」

傷害と器物損壊の疑いで逮捕された吉川竜次容疑者。(土木作業員・33歳)

吉川容疑者はハイビームで走行して男性運転手(19歳)に腹が立ち、約5キロにわたりこの車を煽り、運転手を車外に引っ張り出し顔を殴るなどの暴行を加えた疑いがあります。

殴られた男性は鼻の骨を折る怪我を負いました。

事件の詳細や吉川竜次容疑者の顔画像、Facebook、世間の声などがこちら。

吉川竜次の顔画像やFacebook特定?ハイビームの車を煽り運転手の顔殴る「イキってたヤンキー」

今回の事件の詳細がこちらです。

 交通トラブルが元で相手の車の窓ガラスを割り、殴ってけがを負わせたとして、愛知県警は8日、同県碧南市湖西町2丁目の土木作業員吉川竜次容疑者(33)を傷害と器物損壊の疑いで逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 半田署によると、吉川容疑者は9月23日午後10時45分ごろ、同県半田市の路上で、信号で停車した同県西尾市の会社員男性(19)を車外に引っ張り出して顔を殴り、鼻の骨が折れるけがを負わせた疑いがある。

 吉川容疑者は現場までの約5キロにわたり、男性の車との距離を詰めたり、幅寄せをしたりしながら走行していた。署は、吉川容疑者が、ハイビームで走行していた男性に立腹した可能性があるとみて調べている。

引用:ヤフーニュース

吉川竜次容疑者の顔画像はニュースなどでは公開されておらず、ネットでも特定されていません。

今後公開される可能性もあるのでその時追記したいと思います。

FacebookなどのSNSのアカウントもまだ特定されていません。

ネットの声がこちら。

ネットの声

匿名
ハイビームではないけど最近はやたら眩しいライトの車が多いのは事実だ。だからといって煽っていいことにはならないが。
匿名
ハイビームで「うわ眩しい、あぶねぇな」ってムカつくまではわかる。
ただしあおって停めさせて運転手引きずり出してボコる、って行動は
いいトシの大人は絶対考えない。

イキってたヤンキー時代で頭ん中成長止まってるんだろうな。

匿名

ディスチャージやLEDに変わってきたら、眩しいライトの車が増えた️
ハロゲンだと眩しくないのに。
スレ違う時、一瞬 前が見えなくなったりする。
何とかして欲しい。

匿名
夜間はハイビームって指導もあるけど、対向車からすればかえって危ない。煽り運転はもっと危ない。
匿名
あおり運転、やっぱり多いんだ。
眩しいのは分かるがやってはいけない。

最近は警察から夜間は基本ハイビームで走行して下さい、との指導があった。
市街地の明るい場所ではロービームでもいいとの事。
しかし夜道では度々対向車に遭遇するので何度も切り替える方がめんどくさかったりする。

対向車が眩しくないライトを開発して欲しいが。

匿名
ハイビームをされただけで、腹を立てて、窓ガラスを割った上で相手を殴って大けがをさせるとは。。。
腹が立ったなら一言文句言うぐらいにとどめておけば良いものを。。。
器物損壊及び傷害容疑なので、被害者の懲罰意識が強ければ、懲役刑になり、出所後は損害賠償金の支払いで一生棒に振る可能性も十分ありますね。
ここまでするのはごく一部だと思いまうが、ちょっとした事で腹を立ててすぐに喧嘩を売ってくる輩は少なからずいるので、類似事件を抑止する力を働かせる為にも、相応の厳罰に処すべきような気がします。
匿名
対向がハイビームだと確かに腹立つ。
けど何かしてやろうってほどのことか?と思う
匿名
ずっとハイビームだったのかパッシングされたのか。
ハイビームのままなら注意してやれば済む。
パッシングならする方にも問題あり。
匿名
ハイビームは眩しいし迷惑だけど、わざわざ追いかけて殴りつけるほどの気力は湧かないな笑
この感じだと故意にやられたってわけでも無さそうだし
匿名

あおり運転って免許取りたての人よりも運転慣れてます的な30代が多いよな

匿名
どんな理由であれ、同情の余地など微塵もない。
匿名
煽り運転どうこうじゃないけど、
ハイビームで後ろ走ってる車に信号待ちの時に注意した事あるけど、そのハイビームの運転手のオバさん、戻し方も分からずにヘッドライト消すという行動に出た。
このレベルで運転してる人が居ると思うと怖いよ。
匿名
この犯人の行動は論外だが、信号待ちの時、対向車のライトが眩しくて、こっちがパッシングで合図しても全然気が付かない人とかも多い。
街中でのフォグランプ点灯も結構眩しいし、車のみならず、最近急増している自転車のLEDライトの殆どが上向きで、これが意外に眩しい。
相手が眩しいという事に気が付いていない人が、以前より増えている気がする。

スポンサードリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています