防弾少年団(BTS)がナチスの真似がヤバすぎ【ライブ動画】ハーケンクロイツの帽子に赤い旗「頭おかしい」

すべて

原爆Tシャツを着たパフォーマンスに非難が殺到し、Mステの出演が中止になった韓国のアイドルグープ「防弾少年団(BTS)」。

日本でもかなり叩かれています。

そんな中、ライブでハーケンクロイツがついた帽子を被り、赤い旗をふるなどのパフォーマンスを行なっていたことが発覚し、「ナチスの真似ではないか⁉︎」とかなり話題になっています。

今回の件は日本だけでなく世界を敵に回してしまう可能性もありますね。

この詳細や実際のライブ動画、世間の声を紐解いていきましょう。

スポンサーリンク

防弾少年団(BTS)のナチスの帽子をかぶる(ハーケンクロイツ)

実は4年ほど前にも、防弾少年団(BTS)のメンバーの一人が韓国のファッション誌「CeCi(セッシ)」で着用していた帽子に

ハーケンクロイツとナチス時代に使われていた鷲と頭蓋骨のマークが描かれている

ということで少し話題になりました。その写真は韓国でも問題視されることに。

まずナチス親衛隊が被っていた帽子がこちら。

そしてBTSのメンバーが被っていた画像がこちら。

似てる、とかではなくそのまんまですね。

ナチスの軍服に赤い旗でライブ?

2017年9月2日に行われたライブではナチス親衛隊を連想させるような軍服を着用し、これまたナチスを連想させる赤い旗をふるパフォーマンスを行っていたことが分かりました。

これにも非難が殺到しています。その時の画像がこちら。

そして実際のナチスの軍服とハーケンクロイツがこちら。

SS or Schutzstaffel officers are sworn in as auxiliary police officers at Potsdam, Germany, 3rd March 1933. (Photo by FPG/Getty Images)

問題のライブ動画と世間の声

現在問題となっている問題のライブ動画を見つけました。

世間の声を見ていきましょう。