近本のサイクル安打に“忖度”の声「批判言ってる奴は絶対人生楽しくなさそう」

スポーツ

6月13日に行われたプロ野球オールスターゲーム。

この日一つの偉大な記録が打ち立てられました。阪神の近本光司選手がオールスターゲームでは史上2人目となるサイクル安打を達成しました(1人目は古田敦也さん)。

新人としては初というこの快挙ですが、ネット上では様々な意見が飛び交っています。

この詳細やみんなのリアルな声をみてみましょう。

スポンサーリンク

近本のサイクル安打に“忖度”の声

一体なぜこの偉大な記録でマイナスの声も上がっているのか。

それは、サイクル安打達成まで残りは3塁打のみ、という状況で迎えた5打席目。

近本は見事レフト超えの3塁打を放ちますが、この1打が物議を醸しています。

 

というのも、この近本の打席では外野は前進守備、さらに中継のもたつき、そして三塁手・松田宣浩選手がタッチの際にボールを落とす、という一連の流れがありました。

実際の動画がこちらです。

ネット上では近本のサイクル安打達成に対して“忖度”という声もあります。

 

確かにタイミングは完全にアウトでした。

しかしヒット性のあたりを打ったのは事実です。

 

ネット上では

「オールスター戦なんだからOK!」

「盛り上がった」

などの声が寄せられている一方で

 

「真剣勝負をして欲しかった」

「こんな形で達成して嬉しいの?」

などの厳しい声も寄せられています。

 

そんなみんなのリアルな声がこちら。

みんなの声「批判言ってる奴は絶対人生楽しくなさそう」

動画見放題!(マンガも読める)のU-NEXTが31日間無料キャンペーンを実施!

>31日間無料お試しはこちら<

スポンサーリンク

みんなが読んでる関連記事
スポーツ



ひま速