破産者マップが見れない?個人情報が丸裸!「名誉毀損」「悪質すぎ」「このサイトのせいで…」

すべて

今話題になっている「破産者マップ」

これには賛否両論の声が上がっています。

現在は「見れない」という声や「名誉毀損」「悪質すぎ」「このサイトのせいで…」という声が。

そんな破産者マップの詳細や世間の声について調べました。

スポンサーリンク

破産者マップとは?現在は見れない?

破産者マップがどのようなものかというと、文字の通り、破産した人の情報が地図上に表示されるサイトです。

少し前に話題になった大島てるさんの「事故物件マップ」の破産者バージョンです。

 

「見れない」という声もありますが、現在(3月17日時点)は見れます。

一時期アクセスが大量に集まり、サーバーがダウンしてしまい見れない時間があったため、このような声が多く寄せられました。

実際にはこのような画面です。

この範囲をどんどん縮めていけば、個人の名前まで見れるようになってしまいます。

つまり、今隣に住んでいる人が実は過去に破産していた!なんてことも分かってしまうわけです。

これは破産した人からしたらたまりませんね。

 

このサイトには「削除申請」のページもありますが、現在その要請が大量に寄せられているそうです。

個人情報が丸裸!名誉毀損という声も

この破産者マップに関してネット上では

「名誉毀損」「個人情報を勝手に流出させるのはアウト」「集団訴訟の準備をしています」

などの声が多く上がっています。

 

破産者マップは「官報に掲載された破産者を地図上に可視化したもの」です。

この行為は法律的に違法になるのでしょうか?

 

実はこの情報というのは官報にも載っています。

 

しかし、それを大勢の方が見れてしまう、という状況にしたことがマズイようです。

官報情報検索サービスの利用規約には下記のように記述されています。

これによると「二」と「八」に違反している、という声も多くあります。

 

もし今後この「破産者マップ」の存在によって、被害者が出た場合は管理人は何かしらの罪に問われる可能性は十分に考えられます。

実際にこのような声も。

みんなの声を見てみましょう。

みんなの声「名誉毀損」「悪質すぎ」「このサイトのせいで…」

スポンサーリンク

みんなが読んでる関連記事
すべて社会



ひま速