成田順の顔画像は?巡査部長が覚せい剤所持で逮捕「ミイラ取りがミイラに」

すべて

10月10日、札幌中央署薬物銃器対策課の巡査部長・成田順(なりた おさむ)容疑者(46歳)が覚せい剤を所持していたとして逮捕されました。

現役警官、しかも巡査部長、ということで世間の注目も高いです。

この事件の詳細とみんなの声を紐解きます。

スポンサーリンク

成田順の顔画像は?巡査部長が覚せい剤所持で逮捕

10日夜、北海道・札幌市の路上で、北海道警の現職警察官の男が覚せい剤を持っていたとして、覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕された。

逮捕されたのは、札幌中央署薬物銃器対策課の巡査部長・成田順容疑者(46)。

成田容疑者は、10日午後8時ごろ、この日の勤務を終えたあと、札幌市東区の路上で覚せい剤を持っているところを逮捕された。

所持品に、注射器などの道具類はなかった。

成田容疑者は、2008年4月から10年6カ月にわたり、薬物などの取り締まりを担当していた。

北海道警は「不正を正すべき警察官の言語道断の行為で、痛恨の極み。事実に即して、厳正に処分する」とコメントしている。

(北海道文化放送)

警察官の実名が公開されるのは珍しいですね。

顔画像に関しては調べましたが特定することができませんでした。

警察官の不祥事ということで今後も顔画像が公になる可能性もかなり低そうです。

また情報が入り次第追記したいと思います。

みんなの声「ミイラ取りがミイラに」

厳正な対処が諭旨免職だったり、ひどい場合には停職だったりと身内に甘々な対応をしているから、警察官の犯罪が減りませんね。
真面目に働いている警察官の為にも、厳しい処分をお願いしたい。

摘発した物を横流してたのでは?

押収物をかな?だとしたら簡単に警察から持ち出せる管理体質が問題、警察官に職質して持ち物検査を徹底してやる事も不思議、よほど信用できないのかな。まさか自分で使ってたなんてないでしょうね。

現職の警察官としてあるまじき犯行であり、住民に示しがつきません!
‹‹‹所持品に、注射器などの道具類はなかった。›››
10年以上にわたる薬物取締りの実務経験で培った知識を悪用したに違いなく、覚醒剤事案の中でも特に悪質な犯行です。
実際には覚醒剤を使用していた可能性が高く、注射器等といった道具類は上手く隠したものの「頭隠して尻隠さず」の如く、ブツ自体を隠し損ねたものと思われます。

警察官は当然だけど学校の先生はじめ、公務員の薬物検査を一斉にするべきだと思う。安心して子供を家から送り出せない。

仕事が辛かったのかな。
ミイラ取りがミイラになったってことか。

歩いているところを職質されて覚せい剤に行き当たるなんて、どういう事?
挙動不審だったのか、ある程度の目星をつけていたのかでないと、普通はわからない筈だけど、この報道だけでは不明。
それにしても警察官がね・・

覚せい剤を使ったら逮捕されてからどうなるか、身体はどうなってしまうのか、一番目の当たりにできる環境だっただろうに。

本末転倒、ミイラ取りがミイラに成ったら
駄目ですね
今警察。検察は少し緩み過ぎですね
こんな事をして至ら国民の信頼を失います

スポンサーリンク




みんなが読んでる関連記事
すべて社会
ひま速