日大アメフト部の緊急会見がひどすぎ「ご遺族発言」「井上コーチが内田監督をかばってる」「言い訳会見」

すべて

現在世間の注目を集めている日大アメフト部の宮川泰介選手による悪質な危険タックル。

焦点は”監督の指示はあったのかのかどうか”

宮川選手は22日に顔出しで騒動の詳細に関して会見を行いました。

確かにやった行為自体は決して許されるものではありませんが、まだ20歳で顔出しで公の場に姿を出すことを決めしっかり謝罪し、自らの罪を償おうとする姿勢には世間からも同情の声が大量に寄せられています。

そしてこの会見を受け、23日午後8時から日大アメフト内田前監督と井上コーチが緊急記者会見を行いました。ご遺族という問題発言も飛び出しています。

この会見の内容や世間の怒りの声がこちら。

スポンサーリンク

日大アメフト部の緊急会見の内容がひどすぎ「ご遺族発言」「井上コーチが内田監督をかばってる」

この緊急会見に姿を現したのは内田前監督と井上コーチ。

まずこの時点で「そもそも記者会見行うの遅すぎる」という声が殺到しています。

緊急会見の内容を簡単にまとめると

内田前監督は「危険なタックルをしろというのは、信じてもらえないと思うが、私からの指示ではありません。ただ、フィールドでおきたことですので、スタートからゴールまで私の責任だとおもっている。申し訳ありません」と指示はしていないという姿勢を貫いています。

井上コーチは「監督からQBに怪我させてこいとの指示はなかった。宮川選手に「つぶしてこい」と言ったのは事実」と指示した事実については認めているものの、監督は関与していないとのこと。

そして井上コーチはこの言葉は宮川選手をやる気にさせるために言った言葉と説明しています。

確かにつぶせとは言ったが「相手のケガを目的としては言っていない」とのこと。

井上コーチは会見中、落ち着かない様子で視聴者からは「井上コーチが内田監督をかばってるようにしか見えない」という声が多くあります。確かにそう見えるくらいおかしな雰囲気でした。

また内田前監督の「ご遺族」という発言にも非難が殺到しています。

これはさすがにひどすぎますね。

先日の大学名を間違えた件といい、心外という発言をしたりとどうも内田前監督は失言が目立ちますね。

失言なのか常識がないのか・・・

今回の緊急会見の結論としては

・つぶせという指示をしたのは事実

・指示したのは井上コーチ

・内田前監督は指示していない

・しかしコートで起きたことは私(内田前監督)の責任

となっています。

視聴者からは

・結局全部井上コーチに責任をなすりつけたわけか

・井上コーチも内田監督に逆らえないんだろうな

・内田監督は自分だけ助かるつもりか?

などの声が大量に寄せられています。そんな世間のリアルな声がこちら。

「言い訳会見」世間の声

 

20歳の宮川選手が会見で正直に真実を話したのに、本来選手を守る側の監督やコーチが選手1人に責任を負わせているかのようななんとも悶々とする展開になっています。

信頼関係なんてあったもんじゃないですね。

日大の緊急会見の司会者は誰?偉そうな態度や逆ギレに非難殺到「何様だよ」
23日の午後8時から行われた日大アメフト部の内田前監督と井上コーチによる緊急会見。 この会見の内容がひどすぎると話題になっていますが、今回の会見の司会者の偉そうな態度や逆ギレする態度に世間からは「何様だよ」非難の声が多く寄せられています。...
内田監督が緊急会見で堂々と嘘をついていたことが発覚【証拠動画】
日大アメフト部の宮川選手が対戦相手の関西学院大学の選手に悪質な反則タックルをした問題。 22日に宮川選手は顔出しで会見を行い「つぶせ(怪我をさせろ)という指示があった」ということを明らかにしました。 これを受け内田前監督と井上コーチが2...