大塚愛とSUが離婚した本当の理由がこちら。耐え難い毎日。「失楽園ベイベーとかふざけすぎ」

すべて

歌手の大塚愛さんとヒップホップグループ、RIP SLYME(リップスライム)のSUさんが離婚したことが11月21日明らかにしました。

2人は2010年に結婚を発表し、2011年には子どもも授かっています。

なぜ離婚したのか、その理由や世間の声を紐解いていきましょう。

スポンサーリンク

大塚愛とSUが離婚した本当の理由がこちら。耐え難い毎日

歌手大塚愛(36)が、ヒップホップグループ、RIP SLYME(リップスライム)のSU(44)との離婚が成立したことを21日、公式モバイルサイトで発表した。

大塚は「私事で申し訳ないのですが、いつも応援してくださってる皆様には、ご報告とさせてください。SUさんと婚姻関係を先日解消致しました」と報告。今年4月に、SUが22歳年下モデルとの不倫疑惑を写真週刊誌に報じられ、その後グループも活動休止状態だった。大塚は「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです」。

引用:日刊スポーツ

ということで離婚の理由は

子どもとの生活を守るため、とのことです。

SUさんの不倫報道などもあったので、それで大塚愛さんは精神的にかなり傷を負ってしまった可能性もあります。

耐え難い毎日という言葉もあることから、この日々からの解放も理由にあったかもしれませんね。

そしてSUさんの「失楽園ベイベー」という言葉には非難が殺到しています。

世間の声も見てみましょう。

みんなの声「失楽園ベイベーとかふざけすぎ」

カップルのうちならまだしも。
夫婦になって子供もいる大人が浮気はアウト。

真面目に伝えるべき時に、『失楽園ベイベー』だもん。私なら一気に冷めるし、夫婦だったことが気持ち悪くなる。1年ちょっと、話し合いとかの期間だと思うけど、愛ちゃん、よく頑張った、耐えたと思う

「失楽園ベイベー」とか、反省してる様子なんて見られなかったんでしょうね。

 

今の時代、浮気した方が負け。

まぁ、そうなりますよね。
お子さんのこと、しっかり守ってあげてください。

でしょうね。SUさんのコメントの空気の読めなさが物語っていた気がします。
お子さんのために頑張ってください。

女は母になると強くなる。

お子さんとの事を考えて、決断したことであれば良いことだと思う。

小学校1、2年生の女の子ともなれば不倫の意味もなんとなく分かりそうだし、父に嫌悪感抱くだろうな…

そりゃあ、年下の22歳のモデルの方がいいだろうけど、不倫してる時間とお金があるなら、子供と遊んであげたり、家族で旅行行ったりすればいいのに。子供一人も幸せにできないやつは、他も幸せにはできないぞ。

失楽園ベイベーとか言ってる時点で全く反省の色が見えないんですけど。
よく知らない方ですが、こういう話に纏わる謝罪文でふざける人の神経が分かりません。
そういうキャラの人かどうか知りませんが、大塚愛ちゃんやお子さんに失礼ですよ。
辛い決断だったかと思いますが、お子さんの為にはよかったと思う。
大塚愛ちゃんとお子さんが幸せになれるように祈りたいです。

学生時代大塚愛さんの曲が好きだったから本当に気の毒です。
不倫は良くないですよね。
今は大変だけど乗り越えてまた幸せになることを願います。