イライラ解消 店員が教えるスーパーのレジの混雑を避ける方法

すべて

楽しく家族や恋人とお買い物!でもレジを見ると長蛇の列が…子供が泣き出したり、重いカゴを持って肩が凝ったり、早く帰りたいのに!とイライラしてしまいまらららね?しかし休日のお買い物となるとやっぱりレジの混雑は避けられません。

それならば少しでも速いレジを選びたいですよね。そこでレジ打ち経験者が考えた速いレジの選び方を伝授します!

スポンサーリンク

イライラ解消 店員が教えるスーパーのレジの混雑を避ける方法

○並ぶ前に一通りレジを見るべし。

スーパーなどのレジでは何台ものレジが横並びにずらっとあると思います。商品を見る前にでもレジがある場所に行き、レジをしている店員の動きを観察することを、オススメします。

商品のバーコードをスキャンするスピードは、熟練度や能力により大きく左右されます。またこの差はカゴの中の商品が多い程大きくなります。

筆者の経験からもカゴの中身が少ない場合は、入れる場所を考えずスムーズにスキャンしていくことができますが、カゴの中身が多いとそうはいきません。商品が多い程潰れやすい商品はないか、重い商品はないか、どう入れていこうかなど考えることも多くなり、それに伴いスピードは落ちてしまいます。しかしこれは慣れにより考えずに済む分速くなります。

5人並んでいたら1人はカゴ一杯持ってくる人もいるでしょう。それが10人、20人と並んでいるときならその差はどんどん広がっていきます。

速いレジの人を見つけることは非常に大事です。いつも行く行きつけのスーパーがある場合は、熟練の速い人を見つけておくのもいいと思います。

常連さんは速い人を知っているので、その人のレジの列は他と比べて長いかもしれません。しかし、数人の差なら速い人のレジに並んだ方が絶対にお得です。この速い人を見極めるのに時間を使わないように、注意はこれだけです。

○2人体制のレジを選ぶべし。ただし注意点も…


スキャンする人とお金を預かる人が別々で分担して行っているのを見たことがありますか?やはりこの2人体制をとっているレジは他と比べて圧倒的に速いです。

ただし注意することもあり、それは1人が研修生の場合です。この場合はおそらく遅いと思われます。さらにミスをする確率も高くそのせいで余計に遅くなることも…急いでいる場合は、研修生がいるレジは避けるのがベターです。

あとは途中で1人が抜ける場合。これもありえます。空いていないレジがまだあり、研修生もいないのに2人体制をとっている場合は、どちらか1人がサービスカウンターなど他の作業を担当していることがあります。お客さんに呼ばれると行ってしまう可能性があります。そうなると1人に減ってしまい他と変わらなくなってしまうかもしれません。

しかしそれまでは速く進むことができるのでこの方法はおすすめです。

○人ではなくカゴを数えるべし。


正直並ぶときにより少ない人のレジに並びがちですが、人で数えてしまうと落とし穴がたくさんあります。

まず家族連れやカートを押している人がいるとその分列は長くなります。また、1人で2カゴ持ってくる人もいます。

このように単純に並んでいる人を数えてしまうと失敗してしまう可能性があります。数えるとしたらカゴを数えましょう!

○時間をおくべし。
これは急いでいる人や10人を超える長蛇の列では使えないのですが、待っているお客さんが3.4人の場合に使えます。

数人しか並んでいない時は、たまたまそこに集中してお客さんが来ているだけなので
5分程で解消されることがほとんどです。そこでもう一度買い忘れがないかチェックしたり、お惣菜など割引商品がないかチェクなどして少し時間をおくことをおすすめします。

自分が行列を発生させないために…

自分が並んだ時は空いていたのに、お会計が終わって振り返ると行列が出来ていた…申し訳ない気持ちになりますし、そんなことは避けたいですよね。

店員とお客さんの2つの立場から思ったことを書きます。

○お財布は出しておこう!
最低でもこれはしてほしいと思います。空いている時ならいいですが、並んでいて準備する時間はたくさんあったのに自分の番になってからお財布を出すのはあまりにも効率が良くありません。これを前の人にされたらイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか。

お財布と同時に会員カードやクーポンも一緒に出しておくとお会計がスムーズに進みます。

○袋を持って行こう!
最近のスーパーでは環境のことを考えて、レジ袋を有料にしている所や袋を持っていくと数円引いてくれる所が多くあります。
環境のことだけでなく、お会計のスピードにもこれは関わってきます。

店員さんが袋を用意する時間が入らないのでそれだけ速くお会計が終わるんです。
時間も速くなるし、環境にも良い、そして安くもなる!これは持っていかないと損ですよね。

○電子マネーを使おう!


これは小銭を探すのに時間がかかってしまう!めんどくさい!という人にオススメの方法です。事前に入金しておかないと使えないので、使い過ぎてしまう心配もありません。

○小銭から出そう!


現金でお支払いをする場合、お札から出す人が多いのではないでしょうか。しかし筆者は小銭から出すことをオススメします。

何故なら店員さんがお金を数える時時間がかかるのは、小銭です。小銭を先に出しておけば、お札を出している間に数えることができます。

さらに、自動でお釣りがでる機械を導入している店舗の場合、小銭の方が機械に入れる時時間がかかるんです。

そんなことで変わるの!と言うくらい細く地味ですが、ちょっとでも速くお会計を終えたい人は試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

どうでしたか?混雑を回避するテクや自分のお会計を速くするテクをいくつかご紹介しました。でも進むのが遅かったとしても広い心で許してあげてください!その方があなたも楽しくお買い物ができると思います!それでもどうしても急いでいる時など、ここで紹介した方法を使ってみてください。