西野が激怒した理由は?収録中に途中で帰る「テレビに出たくありません」

お笑いコンビ・キングコングの西野亮広さん(36歳)がとある番組の収録中に激怒し、途中で帰るという騒動があったそうです。

西野さんが激怒した理由や原因は一体何なのか。

ネット上では「西野のことは大っ嫌いだが、これは西野が正しいと思う。」などの意見が。

今回はこの騒動の詳細とネットの意見についてまとめました。

スポンサーリンク

西野が激怒した理由は?収録中に途中で帰る「テレビに出たくありません」

西野さんが激怒した騒動の詳細がこちらです。

 西野は29日、ブログを更新。5月14日までイオンモール堺鉄砲町にて開催中の「えんとつ町のプペル光る絵本展」が読売テレビの情報番組「朝生ワイド す・またん!」の取材を受けたことを報告した。

 しかし、西野は取材中の番組ディレクターの態度に違和感を覚えたらしい。開口一番「今日の服装は意識高い系ですかぁ?」と質問され、他にも「なんで炎上させるんですかぁ? もしかして目立ちたいんすかぁ?」「プペル、値段高くないですか?」「印税独り占めですか?」「ていうか、返し、普通ですね」「お高くとまってんスカぁ?」といった無礼な言葉をぶつけられたことを明かした。

 西野は、ディレクターの言葉を「お笑い芸人さんのマネをして“くさせば笑いがとれる”と信じきっている田舎の大学生がチョイスしそうな言葉ばかり」と痛烈に批判する。お笑いは信頼関係で回るものという考えのもと、西野は、「信頼関係のないイジリはイジメなので、読売テレビさんがそれを良しとしても僕は肯定できません」とつづる。「この何の愛もない絡みに対して、『勘弁してくださいよぉ』『そんなこと言わないでくださいよぉ』と付き合う筋合いも関係性もありませんし、そこまでしてテレビに出たくありませんし、それより何より、撮影の様子を横で見ていたお客さん達が、そしてチビッ子達が本当に悲しそうな顔をしていたので、インタビュー途中でマイクを置いて帰りました」と収録途中で帰ってしまったことを明かした。

引用:ヤフーニュース

西野さんが激怒して収録中に途中で帰った理由は番組ディレクターの失礼すぎる態度が理由だったんですね。

それにしてもこのディレクターは本当に失礼ですね。

普段は叩かれることの多い西野さんですが、さすがに今回の騒動に対してはネット上でも「これは西野の行動が正しい」「叩こうと思ったけどさすがに西野が正解」などの意見が多く集まっています。

最後にそんなネットの意見をまとめました。

ネットの意見

匿名
これは帰っていい。
匿名
コレは西野さんが正しいわ。
匿名
相手の不快を感じれない
感受性の低い人に
意識高い系?とか言われたくない。
匿名
絵本展の取材なのに、西野の言ってることが本当なら許しがたい。
学生ノリ以下の礼儀の無い空気も読めない奴。
今回は西野の容赦ない態度は正しい。
匿名

芸人ではなく
絵本作家・西野への取材なんだよね?

だったら今回は読売テレビDがダメだよね。
それは怒るわ。

匿名
これは西野が正解
匿名
こんなのが製作してりゃ
テレビもつまんねーわな
匿名
何も面白くない奴が、お笑い芸人の真似をするほどクソつまらんもんは、無いな。
匿名
今回ばかりは西野の肩もつわ。
匿名
西野になら何をしてもいいっていう、大きな勘違い。好感度が低いからっ失礼なことをしてもいいわけじゃない。
匿名
正しいと思う
愛のないいじりはただの自己満でありいじめだ
匿名
これは誰でも怒るわ。
匿名
西野のことは大っ嫌いだが、これは西野が正しいと思う。
匿名
悪いのはこのディレクターだけなのかもしれないが、読売テレビ嫌いになったわ…
匿名
田舎の大学生がチョイスする…云々の所は別として、これはテレビ局側が悪いよ。
何でもそうだけどお互いの信頼関係がないとね…。
匿名
今回に関しては西野が100%正しいが、それを世間に認識させるのはなかなか困難。
芸人同士の呼吸とか、イジリと悪口の境界線とかなんてある程度のスキルがないと見極められない。
匿名
あえて言って、イライラさせて、ネタにできるコメントを引き出そうとしているとしか思えない。不愉快な気分にさせて何が楽しいのか。
匿名
正直、西野さんの事は芸人さんとしても好きではありませんがこの件に関しては西野さんが正しいと思います。
同じ芸人さん達が西野さんをイジっているからそんな扱いしても大丈夫だとでも思っていたのでしょうか?
この件だけでなく、政治家に質問する際にも質問する側のレベルが低すぎる人が多い
匿名
西野がまたなんかやらかしたかと思ったら、ディレクターがクズだった。
全国のプペラーが黙ってねぇぜ!!
匿名
これは誰だって怒る、本当に失礼
東京に帰った後に謝罪なんか遅いわ
いじめ体質なテレビ局なんでしょうくだらない

スポンサーリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています