「あさイチ」でユースケが謝罪した理由が悲しい!ただの悪ノリで・・・

Pocket

タレントで俳優のユースケ・サンタマリアさん(46歳)が7月14日に放送された「あさイチ」(NHK)で謝罪をし、その理由が悲しいとネットの意見を集めています。ただの悪ノリで・・・

今回はこの騒動の詳細とネットの意見をまとめました。

スポンサーリンク

「あさイチ」でユースケが謝罪した理由が悲しい!ただの悪ノリで・・・

今回ユースケさんが謝罪することになった騒動の詳細と理由がこちらです。

 番組冒頭、「新司会者のユースケ・サンタマリアです。 本日のプレミアムトーク、ゲストはイノッチ!!」と同番組のMCであるV6の井ノ原快彦(41)をゲストとして紹介し、ニヤリ。井ノ原も「どうぞよろしくお願いします」と応じ、その後もユースケが「イノッチの突然の降板、びっくりしましたね」などと話を続けた。自然に話を続けるユースケに、井ノ原も「8年になるんですけど…降板して、すぐにゲストなんですね」と困惑する中、井ノ原の相棒、同局の有働由美子アナウンサー(48)までも「私は残ったんですか?」と話を合わせ、トークを進行。有働アナからの「ユースケさんはどういう経緯で新司会になったんですか?」との問いに、ユースケは「バーターです。事務所違うんですけどね。雰囲気が似てるってだけです」とテキトートークで笑わせた。

 このユースケのおなじみのトークに一部の視聴者は混乱。本当に井ノ原が降板したと信じた視聴者からFAXが殺到し謝罪する事態となった。視聴者から「80歳になる母が何度も『この人に司会が代わるんだってさ…いのっちで良かったのに』って残念がってる」「おふくろが、いのっちが司会じゃなくなると悲しんでおります」など、届いたFAXを有働アナが紹介すると、ユースケは「だからなっちゃうんだよ、(イノッチが)否定しないから」とまさかの井ノ原批判。ユースケはカメラに向かって「お母さん、最初に嘘をついたつもりはないんです。ちょっとした冗談を言ったつもりでした」と説明し、2人で「本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。最後に有働アナが改めて「司会は代わりません」と訂正し、番組は終了した。

引用:ヤフーニュース

ユースケさんのいつも冗談だと思うんですが・・・

まさかユースケさんも謝罪するまでの展開になるとは思っていなかったでしょうね。

いつもの悪ノリでこのようなことになってしまってなんだか悲しいですね・・・

しかしこんなちょっとした冗談で苦情が寄せられてしまう現代社会はタレントさんからしたら何を発言するにも少し怖くなってしまいますよね。

みんなの意見

匿名
こんなんで問い合わせ殺到してたらユースケの出てる番組観られへんやん
匿名
見てたけど、普通に冗談ってわかるレベルだったけどなあ。
思わず声出して笑っちゃった。
匿名
わぁ、見たかったw
ユースケに乗っかるイノッチと有働さん!

お年寄りにはユースケのキャラ、分からないかぁ^_^

匿名

今時苦情がFAXで殺到ってw

視聴者の年齢層がわかるね。

匿名
オレオレ詐欺がなくならない訳だ
匿名
特殊詐欺に遭ってしまう人が多い理由が分かったような
気がした今朝の「あさイチ」でした。

バラエティ番組で冗談も言えないなんて、ユースケ呼ぶ意味
あるかしら?
イノッチ降板なら、とっくにもっと騒がしくなってますよ。

匿名

あのやり取りを本気で信じるか?
普通に朝から楽しいなぁーって見てたけど。

匿名
リアルタイムで見てたけどユースケ節炸裂だったなぁ笑

お年寄りはわかりにくいんだろうなー。
最後もいのっちと頭下げて終わったのが面白かった笑

匿名
これは見たかったねぇ。ここで読んだだけでも面白い。お婆ちゃんには気の毒だけど…(笑)
匿名
苦情が来るところまで含めて、ほのぼのした話し。

みんなそんなにカリカリしなさんな。

匿名
内容を見る限り不愉快な感じはしないけどな。ユースケを普段見ない人は彼の性格を知らないから仕方ないかな……。
匿名
我々が普通に見ているとわかる冗談が、お年寄りにはわからないことが、よくあるのです。
さすが有働さん、うまくまとめましたね。
匿名
ユースケや高田純次はキャラ的に許容されるけど、お年寄りには確かにキツいジョークだったかもしれない。
匿名
視聴者に年寄りが多いからこうなったんだろうね
自分もいつかタレントの冗談が通じなくなって、テレビ局に抗議するようになるんだろうか
信じちゃう年寄りが悪いわけじゃないけどさ
匿名
何時ものユースケのノリじゃん
こんなんでクレーム入れたらぷっすま何てスグに終わっている
匿名
こんな冗談も判らない人たちがテレビを見てるのか。
そりゃ偏向報道に騙されて支持率とか低迷するわけだわ。
世論誘導、印象操作なんてわけないな。
大衆が愚劣過ぎだわ。

スポンサーリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています