おみくじの順番や内容 「平」って?大吉が出る確率は?

すべて

おみくじの順番って多すぎてわからない時ありますよね。

また大吉や大凶ならリアクションはすぐとれますが「中吉」とか出ると

「ん?中吉って喜んでいいの?これって吉より上?順番は?」と気になる方も多いはず。

そして大吉を引いても「やったー、でも周りもけっこう大吉引いてるしあんまり珍しくない?」と思う方もいると思うのでおみくじの順番とそれぞれのくじが出る確率も調べました。

また年末恒例の「ガキの使いの笑ってはいけない」シリーズの中で

月亭方正がおみくじで「平」を引いたという話が出て話題になりました。

その件についても調べました。

 

スポンサーリンク

おみくじの概要・歴史

そもそもおみくじとは何なのか。概要や歴史はこちら。

古代においては国の祭政に関する重要な事項や後継者を選ぶ際に神の意志を占うために籤引きをすることがあり、これが現在の神籤の起源とされている。多くの神社仏閣でみられる現在のおみくじの原型は元三慈恵大師良源上人(912~985)の創始とされている。現在の神籤は参詣者が個人の吉凶を佔うために行われるもので、これは鎌倉時代初期から行われるようになった。当時は自分で籤を用意するのが一般的であった。
戦国時代には、戦の日取りや戦い方を決める方法として用いられた例が九州地方に見られる。

                       引用:ウィキペディア

今はけっこう軽い気落ちで引くことの多いおみくじですが、昔は神の意思を占うために引いていたということでかなり重要な役割が意味があったんですね。

それが時代とともにだんだん個人が楽しむものとして変わっていったようです。

おみくじの順番

基本は「大凶<凶<小吉<中吉<吉<大吉」です。

しかし近年はこれをさらに細分化する神社が増えてきています。

というよりほとんどの神社が上記より多くの種類のおみくじを入れています。

「大大凶<大凶<末凶<半凶<小凶<凶<平<末小吉<末吉<小吉<中吉<吉<大吉<大大吉」

こんなにいっぱいあるんですね!びっくりしました。

しかし多すぎてパッと引いた時に反応しずらいですね。笑

個人的には5種類くらいでいいと思います。

そして吉がこんなに良い順番だとは知らなかったです!

僕は末吉って大吉の次に良いと思っていました。吉は凶の次だと思っていました。

はい、ばか丸出しです。この機会に正しい順番を知れてよかったです。

これで今年からは正しいリアクションが取れます。笑

伏見稲荷大社のおみくじ

これは+αの情報になりますが、おみくじの種類がかなり多いことで有名な京都の伏見稲荷大社。

そんな伏見稲荷大社のおみくじの内容がこちら。

「吉凶相央<吉凶相交末吉<吉凶相半<吉凶不分末吉<吉凶未分末大吉<後吉<小凶後吉<小吉<中吉<吉<向大吉<末吉<末大吉<凶後吉<凶後大吉<大吉<大大吉」

聞いたことないものばかりですね!全部で17種類もあります。

お気づきの方もいると思いますが、縁起がいいことで知られる伏見稲荷大社には「凶」のおみくじが存在しません。

代わりにものすごい数の聞いたこともないおみくじが増やされました。笑

内容

おみくじの順番について解説しましたが、おみくじでよく言われるのが「大吉」を引いたからといってすべて上手くいくというわけではないということです。

大切なのはそのおみくじに書かれている”内容”です。

例え大吉を引いたとしても悪い内容が書かれている場合もあります。

ということでおみくじを引かれた際は「吉」や「凶」などのランクに目がいきがちですが、しっかり内容を読むようにしましょう。

おみくじの平って?

ここで気になるのは冒頭でも述べた「平」です。

読み方は基本的には「たいら」と呼ぶそうです。

しかし神社や場所によっては「へい」や「ひら」と呼ぶところもあるそうです。

平は凶と末小吉の間ということで凶と吉、つまり悪いのと良いのとのちょうど間ということになりますね。

「平」を引いたらそれこそ本当にリアクションに困りますね。

しかし、「平」をくじとして入れている神社自体珍しいですし、「平」を引くのはかなり低い確率です。なのでかなり珍しいくじを引いたということで喜んでいいと思います。

大吉が出る確率は?

おみくじがでそれぞれのくじが出る確率を紹介します。

「そんなの分かるの?」と思うかもしれませんが実はおみくじには決められた確率があるのです。

これはおみくじを考案したとされる”元三大師”が書いた「元三大師御籤帳(みくじちょう)」に記されています。お分かりのようにこの”みくじ”というのが今の”おみくじ”です。

「御籤帳」の記されているそれぞれの割合は以下のようになっています。

大吉:16%

吉:35%

凶:29%

その他:20%

ということで大吉を引く確率というのは16%ということで、6・7回に1回出る確率になります。案外簡単に出そうですね。

しかし、これは昔のことなので今は上にも書いたようにかなりくじの種類も増えているので「大吉」を引く確率はもう少し低いと思います。

また今は神社によっては凶や大凶などの悪いくじを減らしているところもあるようです。

なので確率に関しては一概には言えないです。

スポンサーリンク




みんなが読んでる関連記事
すべて暇つぶし・おもしろ・雑学
ひま速