橋本功「ごごナマ」での不適切発言の内容が判明!「あれって放送禁止用語なの?」「アホらし」

すべて

12月20日に放送された「ごごナマ」(NHK)に生出演した俳優の橋本功さん(76歳)が不適切な発言をしたとして話題になっています。

その後、番組内で阿部渉アナウンサーが「さきほど不適切な発言がございました。大変失礼致しました」と正式に謝罪しました。

番組内ではその発言内容については触れられませんでしたが、すでに判明しています。

その内容や詳細、世間の声がこちら。

スポンサーリンク

橋本功「ごごナマ」での不適切発言の内容が判明!

問題の発言は『若手俳優に言いたいことがある?』というコーナ内で起こりました。

そしてその不適切発言の内容というのが

「バカだチョンだ」といった言葉だったということが判明しました。

実はこの「バカだチョンだ」という言葉。

2015年に谷垣自民幹事長もこの言葉を使い、後に謝罪・発言の撤回をしています。

なぜこの言葉が不適切な発言になるのか?

”チョン”という言葉が韓国・朝鮮人に対する差別的な表現であるとされているようです。

しかしウィキペディアには

「ちょん」とは「『半人前』や『取るに足らない人』のことを、芝居の終わりに打つ拍子木の音になぞらえた言葉」であったとされる。

引用:ウィキペディア

実際にこのような声もあります。

橋本功さんがどのような意図でこの発言をしたのかは分かりませんが、

阿部渉アナウンサーが謝罪した時に「エッ、オレ?」と驚いていたことから差別用語のつもりで発言してはいなさそうですね。

この騒動に世間からは多くの声が寄せられています。

そんな世間の声がこちら。

「あれって放送禁止用語なの?」「アホらし」世間の声