【はれのひ被害者の会】の詳細や連絡先。「集団訴訟の準備を早目にした方がいい」

すべて

着物レンタルサービスの「はれのひ」の詐欺や計画倒産の騒動。

代表取締役社長の篠崎洋一郎は現在上海に逃亡しているという情報もあります。(断定はできません)

数十万の被害に遭われた方や、預けていた大切な着物も持ち逃げされたという方もいます。

そして一番は一生に一度の晴れ舞台成人式で着物を着れなかった方が続出してしまったこと。

出席する予定だったのに、欠席した人も大勢いるようです。胸が痛くなります。

多くの被害者を生んだ今回の許せない事件。

そんな被害者の方々のために【はれのひ株式会社被害者の会】が発足されました。集団訴訟ですね。

詳細や連絡先、世間の声がこちら。

スポンサーリンク

【はれのひ被害者の会】の詳細。「集団訴訟の準備を早目にした方がいい」

今回【はれのひ株式会社被害者の会】を立ち上げたのは、「有限会社きものと宝飾社」さんです。

会社概要や連絡先がこちらになります。

〒604-8053
京都府京都市中京区麩屋町通
四条上ル516井内ビル303

TEL:075-255-5596
FAX:075-253-0710

引用:公式HP

そしてHPに記載されている情報がこちらです。

このたび、成人式の日に、はれのひ株式会社に、代金を支払っているのにもかかわらず、サービスが提供されず、成人式当日に着物の着付や着物の未返還が生じている問題。少しでも被害者の方の負担を軽減すべく、「はれのひ株式会社被害者の会」を立ち上げます。全てのご要望に応えることは困難かもしれませんが、できる限り、被害を受けた方の負担を軽減したいと思っております。(担当:編集長 松尾)

まず被害者の方は、

①領収書や申込書などの書類など証拠となるものを保管する事

②独立行政法人国民生活センターへの相談 http://www.kokusen.go.jp/map/

③宜しければ(可能であれば)、弊誌お問い合わせに被害の事例をご報告ください。(証拠となる書類の写真なども添付して頂きますようお願い致します)

http://status-marketing.com/inquiry

料金を払ったにも関わらず、正当な対価を得られなかったことに関して、正当な対処を行ってください。弊社きものと宝飾社は、着物の業界誌・メディアとして着物業界の有志と連携して、被害者の会を立ち上げます。また卒業式のレンタル、2年後など将来のレンタルなどでのトラブルに関してもご連絡をおよせください。(状況や書面などに関しても確保保管しておいて下さい。)

また、この会の活動に賛同、協賛くださる企業様、業界関係者様もございましたら、弊社までご連絡ください。お問い合わせ

宜しくお願い致します。

引用:公式HP

被害に遭われてしまった方は一度目を通してみてください。

→はれのひ被害者の会のページはこちら

今回の騒動は許せない気持ちが募る一方で、何とかして被害者の方たちを助けようと多くの同業者が助けに名乗りを上げるなど心が温かくなる話もありました。

例え全額返金されたとしても許せる問題ではありませんが、せめてお金や着物だけでも戻ってきて欲しいですね。

そして何より社長の篠崎洋一郎には誠意ある謝罪をして欲しいですね。

反省した態度もなく返金だけされても余計腹立ちますしね。

関係ない筆者ですらこんなに腹立たしい気持ちでいっぱいなので被害者の方は本当に怒りが収まらないと思います。

「集団訴訟の準備を早目にした方がいい」世間の声

コメント