常磐線の車内出産に「迷惑」「賠償金払うべき」などの声が。日本の闇を感じる…

すべて

1月19日、JR常磐線の車内で妊婦の方がたまたま隣に座っていた元看護助手の方の力を借りて無事出産に成功し、今世間の注目を集めています。

母子とも無事で、まさに奇跡のような話ですが、世間からは一部で厳しい声も上がっています。

「迷惑」「賠償金払うべき」などの声が。確かに今回の出産に伴い電車が遅延したことは事実です。しかし新しい生命が誕生したのにそんなに責めなくても…と個人的には思ってしまいます。まぁ大事な予定があってそれに間に合わなかった、などの人もいるかもしれませんが・・・

もしこの妊婦さんが賠償金を払わなければいけなくなったら幸せなニュースから一変、なんとも悲しいニュースになってしまいますね。世間の声がこちらです。

スポンサーリンク

常磐線の車内出産に「迷惑」「賠償金払うべき」などの声が。「日本の闇を感じる」

最上都寿美さん(元看護助手)、JR常磐線の車内で出産を助け賞賛の声!「車内では応援の声」
1月19日、ある騒動が世間の注目を集めました。それは電車の中で出産をしたというニュースです。 JR常磐線の車内で妊婦の方がいきなり体調が急変し、その様子に気づいた最上都寿美(つづみ)さんが「具合が悪いんですか」と声をかけると「陣痛が始まっ...