いときんの死因は?(ET-KING)「抗がん剤治療は受けず自宅療養」「意識が戻らず家族が看護を続けていた」

訃報です。

人気ヒップホップグループ「ET-KING」のいときん(本名:山田祥正=やまだ・よしまさ)さんが1月31日大阪府和泉市内の病院で亡くなったことが明らかになりました。38歳という若さでした。

去年の8月にステージ4の肺腺がんであること、そしてリンパ節や脳に転移していることを公表したいときんさん。

死因はがんということですが、抗がん剤治療は受けず自宅療養などを続けていたそうです。

今年の1月中旬には心臓の痛みで病院に緊急搬送されたそうです。

心臓に水がたまっており心肺停止の状態で、30分間の心臓マッサージで一時持ち直したものの、意識が戻らず家族が看護を続けていた。

引用:ヤフーニュース

突然の訃報にファンのショックは大きいです。ファンの悲しみの声がこちら。

スポンサーリンク

いときんの死因は?(ET-KING)「抗がん剤治療は受けず自宅療養」「意識が戻らず家族が看護を続けていた」

スポンサーリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています