有賀さつきは癌だった?死因は?なぜ闘病を隠していたのか「最期まで明るく振る舞っていた」 

2月5日、元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが亡くなられたというニュースが入り衝撃が走りました。

52歳という若すぎる死に世間からは悲しみの声が多く寄せられています。

また闘病生活を送っていた有賀さんですが、周りには明かさず隠していたということで周りのアナウンサーたちも知らなかったようです。

死因や病名は明かされていませんが”癌だったのでは”という声が多いです。

スポンサーリンク

有賀さつきは癌だった?死因は?なぜ闘病を隠していたのか「最期まで明るく振る舞っていた」 

有賀さつきさんの病名や死因については現在ニュースなどでは一切発表されおらず明らかになっていません。

世間からは「癌だったのでは?」という声が多く、有賀さんの父・洋さんも

死因や病状については「はっきりした説明を受けておりませんので、本日改めて医師に伺おうを思っております」

引用:ヤフーニュース

とコメントしています。

家族の方も死因や病名などが分かっていないようです。

有賀さつきさんが闘病生活を隠していた理由も明らかになっておらず推測の話になりますが、世間の声としては「周りに心配をかけないため」「最後まで元気な姿を見せるプロ意識」といった声が多いです。

みんなの声がこちら。

みんなの声

スポンサーリンク

みんなが一緒に読んでいる記事

こんな記事も読まれています