泰明小学校の制服が「アルマーニ」(9万円)。理由は?誰のため?「貧乏人をふるいにかけた感がスゴい」

すべて

東京都中央区にある区立泰明小学校の今年の春の入学者の制服があのイタリアの名ブランド「アルマーニ」になるということで話題になっています。

校長である和田利次校長の独断とのことです。

すべて揃えると9万円もするということで保護者からは悲鳴の声が上がっているそうです。

この小学校は銀座のど真ん中にあるということでかなりのお嬢様・おぼっちゃま学校なのでしょうか・・・それにしても制服で9万円とは・・・恐ろしい・・・

そして私立の小学校ではなく、公立の小学校ということで世間からは「なぜ?」「誰のために?」などの声が寄せられています。

今回校長が制服をアルマーニにした理由や世間の声がこちらです。

スポンサーリンク

泰明小学校の制服が「アルマーニ」(9万円)。理由は?誰のため?

泰明小学校の校長が制服をアルマーニにした理由がこちらです。

「銀座に本社を構える海外ブランドの一つ。実際に、銀座にある百貨店にも、店舗内の服飾事業者と提携できないものか、また、数社の服飾事業者にも相談したが、『服育』という教育方針に賛同し、本社の協力体制が得られそうだという意思表示をしてくださったのがアルマーニ社だったので、デザインの監修をお願いした。アルマーニ社は子供服も手掛けており、実用性と機能性を重視した標準服を制作するにあたりふさわしい事業者だと思っている」

引用:ヤフーニュース

保護者からは「何がやりたいのか分からない」「高すぎる」などの声が多く寄せられているようです。

「貧乏人をふるいにかけた感がスゴい」「「親たちは顔面蒼白」」などの世間の声がこちら。

「貧乏人をふるいにかけた感がスゴい」世間の声

 

スポンサーリンク




みんなが読んでる関連記事
すべて社会
ひま速