第114回秘書検定(2級3級)【解答速報】受験者の感想・難易度・合格率

すべて

2月11日・日曜日に行われる第114回秘書検定(2級・3級のみとなります)。

秘書(技能)検定とは、一般常識や社会人として必要な言葉遣いや話し方、態度、振る舞いなどを身につけることの出来る文部科学省認定の検定となっています。

解答速報や、合格率・難易度・受験者のリアルな感想をまとめました。

※解答速報は2月11日の試験終了後に更新します。

スポンサーリンク

第114回秘書検定(2級3級)【解答速報】受験者の感想・難易度・合格率

秘書検定の合格率・難易度

去年の秘書検定のデータを紹介します。

秘書検定2級の合格率は53.7%、3級は61.0%となっています。

ちなみに準1級は34.1%、1級は32.7%となっています。

当たり前ですが難易度が上がるほど、合格率も低くなっています。

また2級と3級は筆記試験のみですが、1級および準1級は一次試験合格した場合、二次試験として面接試験が行われます。

受験者数は2級が一番多く、受験者の層としては約40%が大学生となっています。

・大学生:38.1%
・短大生:6.1%
・専修・各種学校生:11.6%
・高校生:22.5%
・会社員等:14.8%
・秘書:1.5%
・その他:5.4%

引用:http://careergarden.jp/hisho/exam/

合格基準は全級とも「理論」と「実技」でそれぞれ正答率60%以上とることが基準となっています。

第114回秘書検定(2級3級)【解答速報】

解答が発表され次第随時更新していきます。

解答はこちらで発表されています

受験者の感想

スポンサーリンク




みんなが読んでる関連記事
すべて社会
ひま速

コメント