京都府公立高校入試(中期)解答速報2018【倍率や受験者の感想】

すべて

3月7日(水)に行われる京都府公立高校入試の中期。(2018年・平成30年度)

合格発表日は3月16日(金)となっています。

前期入試は2月16日、17日に行われ、2月22日(木)に合格発表がありました。

後期試験は3月23日(金)に実施され、合格発表は3月27日(火)となっています。

解答速報や倍率、受験者のリアルな感想などを随時更新していきます。

スポンサーリンク

京都府公立高校入試(中期)解答速報2018【倍率や受験者の感想】

京都府公立高校の中期入試の解答速報は入試が終わり解答が発表され次第随時更新していきます。

以下出典元:www.kyoto-np.co.jp

国語

数学

社会

理科

英語

リスニング

倍率や受験者の感想

2月6日に発表された京都府公立高校入試(前期)の全日制の出願倍率は2.20倍となっています。

詳しいデータがこちら。

 前期選抜は、2月5日と6日に出願を受け付けた。全日制は募集定員5,407人に対し、11,919人が出願。出願倍率は2.20倍で、前年度の2.34倍から0.14ポイント減少した。全日制の学科別では、普通科2.67倍、専門学科1.69倍、総合学科1.30倍。

 出願倍率がもっとも高いのは、山城(普通科・A方式1型)6.29倍。ついで鴨沂(普通科・A方式1型)6.02倍、日吉ケ丘(普通科<単位制>・A方式)5.48倍、鳥羽(普通科・A方式1型)5.20倍、亀岡(普通科・A方式1型)4.90倍。

 このほか、堀川(探究学科群・A方式)2.11倍、堀川(普通科・A方式)2.08倍、嵯峨野(普通科・A方式)2.31倍、嵯峨野(京都こすもす・自然学科・A方式)1.95倍、嵯峨野(京都こすもす・人間科学自然学科<共修>・A方式)1.88倍など。

引用:https://resemom.jp/article/2018/02/07/42744.html

上記は前期の数値ですが、中期も大きな変動はないと思われます。

受験者の感想は入試が終わり次第随時更新していきます。

試験終了後のみんなの声は次のページへ

スポンサーリンク




みんなが読んでる関連記事
すべてその他
ひま速