高階航(高階茂嘉)の死因がヤバイ!死後1週間以上経過した状態で発見される

すべて

【訃報】

ドラマ「太陽にほえろ!」や「桃太郎侍」、アニメ「ルパン三世」などの脚本を手がけたことで知られる高階航(本名 高階茂嘉)さん(76歳)が遺体で発見されたというニュースが入ってきました。

死因や世間の声についてまとめました。

スポンサーリンク

高階航(高階茂嘉)の死因がヤバイ!死後1週間以上経過した状態で発見される

 秋田県仙北市の脚本家、高階航(本名高階茂嘉)さん(76)方から身元不明の遺体が見つかっていたことが11日、県警関係者への取材で分かった。高階さんは1人暮らしとみられ、連絡が取れていない。県警は高階さんの遺体とみて、死因と身元の特定を急いでいる。

 県警関係者によると、遺体はかなり傷んでおり、死後1週間以上経過しているとみられる。10日午後に仕事の依頼のため高階さんの家を訪れた会社員が通報した。

 日本脚本家連盟によると、高階さんはドラマ「太陽にほえろ!」や「桃太郎侍」、アニメ「ルパン三世」などの脚本を手掛けた。

引用:産経ニュース

高階航の遺体は死後1週間以上経過しており、死因に関しては「孤独死」ではないかと推測されています。

詳しい情報が入り次第また追記したいと思います。

世間の声